読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主に、強化学習

情報系の大学2年生が確率に関連したことを多めに書いてるブログ

脳の探検@脳・神経系への招待

メモ

  1. 三半規管に含まれる液体が揺れることで、前庭器官が反応し小脳へと情報を送る
  2. 意識して体を制御できることを`随意運動`といい、その反対を`不随意運動`という
  3. (画像を合わせるアプリを用意する)
  4. どちらの運動も”神経系”が制御してい
  5. 神経系は、体内スケジュールを建てることで、腎臓や腸の動きを整えている
  6. 脳と内蔵の間はホルモンを用いることで情報の伝達を行っている
  7. ホルモン is from 腺、器官
  8. 腺、器官、受容体 is なに
  9. ホルモン is パケット、脳 is サーバ
  10. 下垂体、脳底 is 何
  11. 男女では、生殖系の命令?が変わってくるので自ずと体の違いや”思考”も変わってくる
  12. 脳’s functions are {感覚、運動、体内調整、生殖、適応}
  13. 人間の中には細胞が存在していて、各々の生物(植物、動物)にも細胞が存在する。そして、それらは生殖、器官が特化することで細胞の形(いめーじ)が変わる.
  • サメには、新鮮な血や、微小に流れる電流をも感知することができる
  • ワシには、高く飛んで遠くが見れる
  • ヒトには、言語能力が備わっていることで過去からの経験+発想で進化ができる
  1. 神経線維束(ウォーラー変性法)、内耳 is 何
  2. 顕微鏡が発達することで、神経系の細胞
  3. 末梢器官、興奮性、 is 何
  4. 筋肉、末梢器官の調節は、化学物質によるもの
  5. 細胞内にある興奮性の伝搬は、生物電気によるもの.ニューロンの繋ぎ目に達したとき、化学物質になる
  6. 帰納的推論と、演繹的推論がある。前者が仮説より先に実験。後者は先に仮説をたてる。
  7. 中枢神経系と末梢神経系が存在して、各々の違いを理解する
  8.  自律神経系 \, and \, 散在腸管神経系 \in 末梢神経系
  9.  自律神経系 \, and \, 散在腸管神経系 is 何?
  10. 皮膚、筋肉、骨などが脊髄から、あるいは脊髄に情報を送るような神経も末梢神経.
  11. 末梢神経でも、心臓、血管、肺などは独自の命令で動いている → 自律神経系
  12. 消化器など、内在自律神経系 → 散在腸管神経系
  13. 視床下部という、間脳の一部がある
  14. 視床下部は基本的にニューロンが集まったニューロン群なのだが、密に集まったのを神経核といい、密でないのを領域/領野と呼ぶ
  15. 脳の構成の概観 は面白いからきちんと図をかいて覚えること
  16. 下垂体 is 何
  17. 自律神経と下垂体のホルモンを介して体へ命令している(?)
  18. 中脳は、小さいため機能がはっきりしない
  19. 橋と延髄は心臓や肺などのリズムを刻むのに必要
  20. 大脳品質 is 何
  21. 小脳は、運動のレパートリーをためていたり、運動を動かす直前に視床や大脳皮質へ伝える前に「胴体」「四肢」の位置情報を部分修正している
  22. 後脳、中脳、間脳を脳幹といい、大脳皮質と脳幹と脊髄と別れて考えて考える
  23. 神経系はまず体中に行き渡っている
  24. 世界を感じ取っている
  25. 飲食、生殖、呼吸、体内調節は神経系が担っている
  26. 過去の知識を体系化して、組織化する
  27. 運動、[  ]、などの体内調節は各下位部にまかせている.
  28. 各下位系は、各々情報を交換しており、結びつき方が複雑
  29. 末梢神経系や脊髄は低い階層、つまりカーネル
  30. 大脳皮質は高い階層、つまりWeb、ネットワーク

キーワード

 脳、小脳、中脳、大脳、間脳、橋、脊髄、視床視床下部、運動、適応、生殖、大脳皮質、海馬、ニューロン、ホルモン、「延髄」、「脳幹」

メモでの疑問の答え